Introduction
歯科技工物の紹介

Introduction
歯科技工物の紹介

歯友会の歯科技工所で製作された補綴物の紹介

医療法人社団 歯友会「赤羽歯科」の歯科技工所は、東京・埼玉に計9ヶ所のグループ内の診療所のすべての歯科技工物を製作しています。7課で総勢55名の歯科技工士たちがそれぞれ専属で、高精度の補綴物の製作に励んでいます。当ページでは、歯科技工所で製作している歯科技工物の詳細を紹介します。

詰め物

Gインレー

ゴールドとプラチナの合金による詰め物で、天然歯に近い硬さのため、噛み合う歯の摩耗を防げます。また、保険診療用の金属に比べて適合もよく、二次カリエスや劣化の心配も少なくすみます。

ハイブリッドレジンインレー

ハイブリッドレジンというプラスチックとセラミックを混合させた中間素材で作られたインレーです。プラスチックのレジンより強度に優れていて、歯とほぼ同じ色調なので治療痕が目立ちにくいというメリットがありますが、セラミックや金属よりも強度は落ちる素材です。

e-maxインレー

強度と審美性を兼ね備えた素材である二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたセラミックで製作するインレーです。非常に高い強度でありながら、天然の歯に近い摩耗性を持っているため、噛み合う歯にも優しい素材です。

ジルコニアインレー

人工ダイヤモンドと呼ばれ、人工関節に使われるほど生体親和性の高い素材であるジルコニアを使用した詰め物です。 金属と同じくらいの強度を誇りながら、金属アレルギーの心配がありません。

被せ物(前歯)

ハイブリッドレジン
前装クラウン

ゴールドとプラチナの合金にセラミックとプラスチックの混合物であるハイブリッドレジンを接着した被せ物です。歯とほぼ同じ色調なので見た目が良く、プラスチックのレジンより強度に優れます。裏側は金属になります。

セラミック前装クラウン
 

ゴールドをベースにした合金に白く審美的なセラミックを接着した被せ物です。表面がセラミックのため、経時的に色調の変化がなく、いつまでも綺麗な艶や光沢を保ちます。ただ、裏面が銀色の金属のため、光の透過性に関してはオールセラミックに劣ります。上顎の歯におすすめです。

セラミック前装ゴールド
クラウン

ゴールドとプラチナの合金に白く審美的なセラミックを接着した被せ物です。セラミック前装クラウンと同様に経年劣化が少なく、セラミックの美しさが長期間持続します。裏面は金色になります。天然の歯に近い硬さのため、噛み合う歯にも安心して使用できます。

フルベークセラミック
クラウン

ゴールドをベースにした合金をすべてセラミックで覆った被せ物です。表面はすべてセラミックなので前装タイプと比べて審美性の高い被せ物です。透明感は、すべてセラミック素材を使用したオールセラミックにはやや劣ります。

オールセラミッククラウン
(e-max)

二ケイ酸リチウムガラスという強度と審美性を兼ね備えた素材を主成分とした被せ物です。非常に透明感があるため、天然歯の様な綺麗な色調が再現できます。また、強度が高いうえに天然歯に近い摩耗性があるため、噛み合う歯に優しい被せ物です。

オールセラミッククラウン
(ジルコニア)

人工ダイヤモンドと呼ばれ、人工関節に使われるほど生体親和性の高い素材であるジルコニアを使用した、すべてセラミックの被せ物です。金属と同じくらいの強度を持ちながら、金属アレルギーの心配がありません。金属を使用しないため、光の透過性があり、審美性が極めて高い被せ物でもあります。

ラミネートべニア

歯の表面にセラミックを接着する治療です。表側だけを削るので、他の被せ物に比べて歯を削る量が少なくてすみ、審美的にも優れた治療方法です。

被せ物(奥歯)

ゴールドクラウン

ゴールドとプラチナの合金で製作した被せ物です。天然歯に近い硬さのため顎に優しく噛み合う歯にも安心です。また、保険診療の金属の合金に比べて適合も良く、二次カリエスや劣化の心配も少なくすみます。色は金色になります。

ハイブリット前装クラウン

ゴールドとプラチナの合金にセラミックとプラスチックの混合物であるハイブリットレジンを接着した被せ物です。金属だけの被せ物よりも見た目が美しい仕上がりになります。

セラミック前装クラウン

ゴールドをベースにした合金に白く審美性に優れたセラミックを接着した被せ物です。表面がセラミックのため経時的に色調の変化がなく綺麗な艶や光沢を保ちますが、噛む面は銀色になります。上顎の歯への使用がおすすめです。

セラミック前装ゴールド
クラウン

ゴールドとプラチナの合金に、白く審美性に優れたセラミックを接着した被せ物です。セラミック部分は経年劣化の心配が少なく、長期にわたり審美性を保てる点が特徴です。噛む面の金色の合金部分は歯に近い硬さのため、噛み合う歯にも安心です。

フルベークセラミック
クラウン

金属部分をすべてセラミックで覆った被せ物です。表面はすべてセラミックなので、前装タイプと比べて審美性の高い被せ物です。お口を開けた際に見える下顎の歯への使用がおすすめです。ただ、透明感はすべてセラミック素材を使用したオールセラミックには劣ります。

オールセラミッククラウン
(e-max)

二ケイ酸リチウムガラスという強度と審美性を兼ね備えた素材を主成分とした被せ物です。非常に透明感があるため、天然歯の様な綺麗な色調が再現できます。また、強度が高いうえに天然歯に近い摩耗性があるため、噛み合う歯に優しい被せ物です。

オールセラミッククラウン
(ジルコニア)

人工ダイヤモンドと呼ばれ、人工関節に使われるほど生体親和性の高い素材であるジルコニアを使用した、すべてセラミックの被せ物です。金属と同じくらいの強度を持ちながら、金属アレルギーの心配がありません。金属を使用しないため、光の透過性があり、審美性が極めて高い被せ物でもあります。

歯の土台(コア)

パラジウム合金コア

歯科用金属材料として幅白く使用されているパラジウムを使用したコアです。ほとんどの症例で使用できます。銀合金で作られた物に比べると金属イオンが溶け出しにくく、歯ぐきの黒ずみは少なくなります。しかし、天然歯に比べて硬いため、歯や歯の根が割れてしまうという点が懸念です。

ファイバーコア

硬質レジンとグラスファイバーを調合して製作されたコアです。金属のコアと比べてしなる性質があるため、歯が割れる危険性が低くなります。また、金属を使用していないので経年による歯ぐきへの着色がなく、金属アレルギーの心配もありません。歯に近い色なので、オールセラミッククラウンをかぶせた際に中の土台が透けても見た目が悪くなるという心配もありません。

金属床

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム合金は強度と柔軟性を併せ持つ、さびにくい義歯です。生体親和性が高いため、金属床の材料として現在でも広く利用されています。また、金属の熱伝導率に優れているため、食べ物の温かさや冷たさを実感でき料理を楽しめます。

チタン床義歯

生体親和性の高いチタンを使用した義歯です。チタンはインプラントの人工歯根や体内に埋め込むボルトなどにも使われています。製造上での適合精度が高いので、装着した際のフィット感がある点が特徴です。また、チタンは金属アレルギーを起こしにくく、腐食にも強い金属で優れた生体親和性を持ち、軽さと強度も併せ持っています。

ゴールド床義歯

ゴールドやプラチナの合金を使用した義歯。仕上がりが美しいだけでなく、金属アレルギーの心配も少なくすみます。製造上での適合精度が高いのでお口にピッタリ合いやすく、装着感が良い点が特徴です。食べ物を美味しく味わえます。

その他の義歯

ノンクラスプ義歯

他の部分床のように周りの歯に義歯を安定させるための金属のバネを使用しない義歯です。審美性に優れています。

コーヌスレテスコープ義歯

支えとなる歯に内冠を被せ、義歯の内側にある外冠と組み合わせることで装着する義歯です。内冠と外冠を合わせた際の摩擦力によってお口の中を固定します。まるで茶筒のように引っかかりがあるわけではないのにしっかり密着する原理と同様で、お口の中でしっかり義歯を固定することができます。外見的にも機能的にも非常に優れた義歯です。

リーゲルテレスコープ義歯

歯を削って金属の内冠を被せたうえで義歯を被せるテレスコープ義歯の中でも、リーゲルテレスコープはかんぬきのような構造で義歯を固定するタイプです。留め金を開閉することで入れ歯を着脱します。高度な治療技術が必要なため、対応している歯科医院が少ない義歯です。

AKアタッチメント義歯

赤羽歯科オリジナルのものと既製品のアタッチメントのものがある、金具を歯と一体型にした精密義歯です。歯にしっかりと固定できるので、多くの方がイメージする入れ歯のように簡単に外れることはありません。プラスチックの義歯よりも小型にすることができるので、審美的にも綺麗な義歯になります。

マグネット式義歯

重度化した虫歯によって根元しか残っていない歯根に対して支えとなる金属(キーパー)を入れ、セットした小さいマグネット(磁石)によって固定させるタイプの義歯です。強力な磁力によって張りついているので義歯がガタついたり、ズレたりする心配が少なくすみます。磁力の強さは調節できるので、部分義歯だけでなく総義歯にも適用できます。また、装着・取り外しも簡単でお手入れもしやすい点も特徴です。

インプラント(上部構造のみ)

【使用インプラント】ストローマンインプラント(スイス)

当院のインプラントは世界トップシェアであり、信頼度が高いスイス製のメーカーのものを使用しています。インプラントに立てるアバットメントと呼ばれる支柱もすべて純正の製品を使用しており、高い精度で製作しています。
インプラント上部の人工歯部はセメントで固定するタイプやねじを締めて固定するタイプ、また、入れ歯を利用したタイプ等、患者さん一人一人のお口の条件に合わせて製作します。

その他

ナイトガード
(プロテクションガード)

就寝中の歯ぎしりから歯のすり減りを予防したり、治療後の差し歯等を保護するために着用するマウスピースです。症例・条件により保険適用のものがあります。

スリープスプリント
 

睡眠時無呼吸症候群の治療のために、睡眠時に着用するマウスピースです。気道の閉塞を防ぎ、いびきや無呼吸睡眠の症状を防ぐ効果があります。

スポーツマウスガード
 

スポーツ中の衝突などによる外力から、歯や口の中の組織を守る目的で着用するマウスピースです。