Interview
インタビュー

歯科医師

臨床へのこだわりが導いた
心から納得のいく診療

戸田診療所 歯科医師
武田 勇輝

医療法人社団 歯友会「赤羽歯科」には、東京・埼玉にある計9ヶ所の診療所にさまざまな職種のスタッフが常勤しています。今回は各診療所で活躍中の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の先輩たちにインタビューを実施。当法人で働くことや、仕事に関しての想いについて話を聞きました。

臨床の道に進んだのは“回り道”をした自分への焦りから

2015年に入社した武田勇輝です。戸田診療所で多くの臨床をこなしています。元々自分は薬学を志していましたが、道半ばで挫折。その後歯学の道に進みましたが、ずっと“回り道をしてしまった”という焦りを感じていましたね。別の分野に進んだ同い年の友人が臨床現場でバリバリと活躍していたので、自分も卒業後は大学での研究ではなく、臨床の道を進むことを決めました。そして、“のんびりやっている場合ではない”と人一倍、臨床現場での成長を望んでいた自分が選んだのが歯友会でした。

歯友会を選んだ理由は、一人の患者さんを長く継続して診ていくという医療の本質に沿った歯科医院だったからです。患者数が多く、幅広い症例に携われることはもちろん、研修医時代から先を見据えた治療に携われる、管理型臨床研究施設があったことが大きな決め手となりましたね。とにかく臨床の現場でがむしゃらになれる環境に惹かれました。

歯一本一本を残す治療を追求する姿に感銘

戸田診療所にはお手本とすべき優秀な先輩方がたくさんいます。特に院長や副院長の患者さんとしっかり向き合い、歯科医療に情熱を燃やし、歯一本一本を残す治療を追求する姿勢には大きな影響を受けました。自分が進んだ道が間違っていなかったことを確信できたので、以前にも増して成長スピードが高まった気がします。

設備も一緒に働く人たちも、自分が成長を果たすためには申し分ない環境がそろっているので、これからもひたむきに成長し続けたいと思います。歯友会という法人にしっかり貢献しつつ、これからも変わらずに臨床現場で、貪欲に“自分自身が心から納得のいく診療”を貫いていきたいです。