第2回 「金属アレルギー」ってご存知ですか?

金属アレルギー(接触性皮膚炎)

同じアレルギーで有名なものとして、花粉症ではほとんどがスギ花粉が原因となり、食物のアレルギーでは数年前に話題になったソバやエビ、サバなどがあり、また化粧品や薬品に対してアレルギーをお持ちの方やアトピー性皮膚炎、喘息の方も多いと思います。金属アレルギーでは、ある種の金属が原因となり、アレルギー症状が発病します。金属に接触すると、2~3日してその接触部位や、接触部位とは無関係に顔、胸、腹、腕、足に蕁麻疹や湿疹を起こします。アクセサリー類やめがね、腕時計で皮膚がかぶれることはありませんか?もしあるようでしたら、あなたは金属アレルギーの可能性があります。

原因

金属はそれ自体ではアレルギーをおこすことはなく、何らかの理由でイオン化して体内にとりこまれるとアレルギーを誘発するようになります。歯科との関連では口の中の詰め物や覆せ物があります。口の中は金属がイオン化しやすい環境です。例えばプラークや唾液には金属を腐食させる物質が存在し、また飲食物によってpHや湿度が激しく変化し、また噛むことによっても金属がイオン化していきます。ですからよく歯磨きをし、歯の治療をするときには金属以外のもの(セラミックなど)を用いるかイオン化しにくい優良な金属(チタンやゴールド)を用いることが大切になってきます。但し、現状では保健扱いではありません。

検査

金属アレルギーの疑いがあるときには、代表的な方法ではパッチテスト(皮膚貼付試験)*をおこない、アレルギーを起こす金属の種類を特定していきます。この検査法は健康保険でも認められていますが、検査する金属の種類によっては自費扱いになる場合もあります。
*当院ではパッチテスト(皮膚貼付試験)は、おこなっておりません。

治療

金属アレルギーには、アレルギーを抑える薬や、体質改善のための漢方薬などはほとんど効果がなく、原因となる金属を除去し、接触しないことが一番の治療法です。身の回りの思いがけないものや食物、近頃では抗菌グッズにも金属が含まれていることがあるので注意する必要があります。

column02_img