いびき治療

※当院でのいびき治療には、内科からの紹介状が必要になります。詳しくはお問い合わせください。

「スリープスプリント」によるいびき治療法について

睡眠時のいびきでお悩みの方へ、赤羽歯科では簡単に治療を行うことのできる『スリープスプリント』とよばれる歯科装着のいびき治療を行っております。就寝中にマウスピースのような歯科装具を装着することにより気道(空気の通り道)を拡げます。いびきにお悩みの方に大変効果的な治療法です。夜間寝る時に口に装着するだけなので手間もかからず、すぐに治療が始められます。また、外科的治療や薬物療法のように体に対して副作用の心配もありません。安全で体に優しい患者さんの負担も少ない治療法です。医師の診断後に患者さん一人ひとりのお口の形や顎の形、歯並びに合わせたスリープスプリントをお作りしていますので、まずはお気軽にご相談にいらしてください。

睡眠時無呼吸症候群

最近話題となっている『睡眠時無呼吸症候群』は、夜間睡眠中に10秒以上呼吸が一時停止すること(無呼吸)が7時間中30回以上、または、 1時間中5回以上起こる病気です。
この睡眠時無呼吸は、何らかの理由で上気道、いわば空気の通り道が閉塞することにより起こります。この閉塞は肥満、鼻疾患(鼻炎)、アルコール摂取、扁桃腺が大きいなどが原因で起こります。特にいびきといびきの間にまるで呼吸がとまってしまうようないびきをかく人は『睡眠時無呼吸症候群』の可能性があり、注意が必要です。治療をせずに放置しておくと生命に危険が及ぶ場合もあります。適正な症状分析と診断、治療、予防などの対策が必要になります。
眠っている間に呼吸が数十回、ときには数百回と止まるようであれば、体内の酸素不足が深刻になってくるでしょう。また、無呼吸によって夜間に充分な睡眠がとれないため、昼間に強い眠気が起こり日常生活に支障をきたすだけでなく、放置しておくと合併症が併発する場合もあり早期に適切な治療を行うことが大切です。

このような症状は思い当たりませんか?
  • 睡眠中に無呼吸になっている
  • よく大きないびきをかいているようだ
  • よく歯ぎしりをしているようだ
  • 夜中によく目が覚めてしまう
  • 夜中に口が渇く
  • 昼間に強い眠気がおこる
  • 肥満傾向である

その他の治療法

歯科装具治療(スリープスプリント)の他に、医科的治療法・機械を使用した治療法があります。

医科的治療法

減量、扁桃腺切除、鼻炎の治療などがあります。いったん治まっても再発する場合があり、特に扁桃腺切除治療などは患者さんの負担が大きくなる可能性もあります。