親知らず

上下の親知らずが正常に噛み合っていて虫歯や、歯周病になっていなければ、親知らずは無理に抜く必要はありません。ただ、親知らずは正しい位置にはえてくることがあまりなく、横にはえたり、はえきらなかったりすることがほとんどで、腫れたり、隣の歯まで虫歯になることが多く、トラブルの原因になりがちです。そのため、腫れて周囲の骨を溶かしたり、隣の歯が虫歯になってしまう前に、ちゃんとはえていない親知らずは抜いてしまったほうが良いでしょう。また、年をとるとだんだん骨が硬くなりますので、若く健康なうちに抜いてしまったほうが良いでしょう。

症状・診断

イメージ画像