大人と子供の矯正

大人の矯正について

成長期の治療に比べると歯の移動速度は遅く成人期の治療の方が若干長引きやすいです。しかし、成人の治療は成長発育がほとんどないため歯の移動計画を立てやすいという利点があります。また、女性の場合、治療中に妊娠されても、問題はありませんが、レントゲン撮影を控える等の必要があります。診察の際、必ず歯科医師にその旨お伝え下さい。 また、歯ぐきが健康であれば基本的には何歳でも矯正治療を行うことができます。

イメージ画像

子供の矯正について

歯が生えそろう年齢というと、小学校の高学年から中学生にかけての時期です。この頃になると殆どのお子さんの上あごの成長は止まっており、短期間で治療で改善できる余地は確実に減ってしまっています。一般的には、永久歯がはえ始める6~7歳で予防的に矯正治療を始める場合が多いです。どのような場合に行うかというと、成長発育に問題をきたしそうな場合、後からはえてくる永久歯に悪影響が起こる場合、はえてきた永久歯の位置が極度に悪い場合、小児の適切な時期に治療することで永久歯の矯正治療が必要なくなる可能性が高い場合、将来歯を抜かないで治療できる場合です。

イメージ画像

成長発育に問題をきたしそうな場合とは
  • 受け口
  • 極度の出っ歯
  • 顎を左右どちらかにずらして咬む
  • 咬んだ時に前歯がまったくあたらない(開咬)

等です。