歯周病

歯周病は、歯の表面に付いた汚れ(プラーク)により、歯を支えている歯ぐきや骨が壊されてしまう病気です。
歯ぐきから血が出たり、歯がグラグラしたり、時には激痛を伴う事もあり、最後には歯は抜け落ちてしまいます。
歯周病は、歯を失う最も多い原因となっています。

次のような症状が出たら要注意!

イメージ画像

  • 歯肉がはれて、血やうみが出て痛む。
  • 口臭がする。
  • 歯肉が下がって歯が長くなったように見える。
  • 歯が動く。
  • 歯と歯の間に物がはさまりやすい。
  • 口の中がいつもねばついた感じがする。
  • 冷水や温水を口にふくむと歯がしみる。
  • 歯が浮いて物がかめない。

歯周病の進行

イメージ画像

軽度歯周病
・歯を磨くと出血することがある。
・歯肉が赤くなる部分がある。

イメージ画像

中度歯周病
・歯が長くなった感じがする。
・歯ぐきを押すと膿が出ること
   がある。

イメージ画像

重度歯周病
・歯がグラグラする。
・かめない。
・口臭がひどい。

歯周病の原因

プラーク

イメージ画像

歯垢(プラーク)とは歯の表面や、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に膜のように付着した黄白色で粘りけのある物質のことで、食べかす などではなく、細菌の塊です。歯垢(プラーク)の中の細菌には虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因となる細菌も棲息し、これらの細菌が酸を出し、 歯を溶かしていくと虫歯となり、毒素を出して歯茎を破壊すると歯周病(歯槽膿漏)となります。またこの歯垢(プラーク)が口臭の大きな原因の一つでもあります。

歯石

イメージ画像

歯垢を口の中にためておくと、唾液中のカルシウムによって硬くなります。これを歯石といいます。歯垢から歯石になる期間は2日間といわれています。 歯石は歯垢の塊ですから、歯垢が取れていても歯石が残っていたのでは何の意味もありません。歯石を放っておくと歯茎が腫れたり、歯肉に負担がかかって歯周病の原因になります。 細菌がたまっていき、体の内部に入ると様々な病気を引き起こします。歯周病予防のためにも、鏡でこまめにチェックしておきましょう。

歯周病の治療/歯周病はどうしたら治るの?

ホームケア

イメージ画像

歯ブラシの他にもうひとつ
今までの歯ブラシによる洗浄だけでなく、デンタルフロス、歯間ブラシ、マウスウォッシュ(洗口剤)なども併用してケアすることでより効果的に健康な歯を保つことができるでしょう。

イメージ画像

生活習慣の改善
歯周病は生活習慣病ですので、ご自分の良くない生活習慣・リズムを改めることができるかどうかに治療の成否はかかっています。「過度の喫煙」「不規則な食生活」「ストレス」などに注意して生活習慣を見直してみましょう。

プロフェッショナルケア

イメージ画像

  • プラークや着色の除去
  • 超音波による歯石除去
  • 医師による手作業で細かな部分の除去
  • ブラッシング方法や生活習慣改善のアドバイス
  • その他(固定、外科処置など)

GTR治療について

GTR治療とは、歯周病により損なわれた歯周組織(歯根膜、歯槽骨)を回復させるために、その部位に生体吸収性の膜を設置し、歯周組織の再生を誘導させる治療法です。 設置された膜は、設置後約6週間以降は組織内に吸収されてなくなります。

イメージ画像

定期的に歯科検診をしましょう!

歯周病は生活習慣病です。生活習慣病は自分の気がつかないうちに進行するものです。大丈夫と思っていても症状が出てからでは手遅れになる事が多いです。歯周病は状態が悪ければ悪い程、治療期間は長く場合によっては歯を抜かなければならない事もあります。予防のためにも、専門家による定期的な歯科検診をお勧めします。下記の歯周病チェックをしてみてください。3つ以上該当するかたは早めに検診を受けてください。

イメージ画像

  • 歯が浮く感じがする。
  • 歯を磨くと歯ぐきから血が出る。
  • 朝、起きた時口の中がネバネバする。
  • 歯が動くような気がする。
  • 歯の間に食べものがはさまる。
  • 歯ぐきから膿が出ることがある。
  • 歯ぐきが「むずむず」する。
  • 歯ぐきが赤く腫れることがある。
  • 固い物が食べられない。
  • 口の臭いが気になることがある。

歯が失われる原因の約90%は口腔内の2大疾患である虫歯と歯周病です。

いつまでも自分の歯でおいしく食べ、楽しい人生を送るために定期的な検診とクリーニングが必要です。
赤羽歯科では、患者さん1人1人に担当の歯科医師を設け、歯周治療予防歯科に力を入れております。
まずはご相談にお越し下さい。