吸着義歯

お口の中に残っている歯をすべて失って、総義歯になったとき、その義歯が食事の時や会話の時にはずれないのはなぜだかわかりますか?お口の中に入っている義歯には、いろいろな力が働き、歯ぐきから義歯がはずれないようになっています。どのような力が働いているのかをご説明致します。

表面張力

義歯と歯肉がそれぞれ1枚のガラス板と考えていただければわかりやすいと思います。2枚のガラス板の間にわずかな水分を介在させると驚くほどの吸着が得られ、はずれにくくなります。下図イラストの黒い斜線部分です。

イメージ画像

口の周りの筋肉、口唇、舌などによる押さえ込み

義歯の端(上記イラストの赤い部分)は口の周りの筋肉、口唇、舌などによって押さえ込まれ、義歯が安定します。

その他

通常の義歯ですと、表面張力の力や口の周りの筋肉、口唇、舌などによってはずれないようになっていますが、この義歯の場合、表面張力のみで安定させます。そのため、上記のイラストの赤い斜線部分を削合することで、義歯を小さくすることができ、違和感が少なくなります。この義歯は表面張力を最大限にあげていくため、通常の義歯とは異なった方法で治療を進めていく必要があります。下記写真を比べてみて下さい。義歯が小さいのがわかると思います。

イメージ画像