無痛義歯

治療用義歯を使って、歯ぐきの傷やあごのずれを治し、噛めるようにします。噛める状態になった治療用義歯をコピーして新しい義歯を作ります。そのため新しい義歯をお口のなかに入れた時点で、痛みがなく噛めるため、無痛義歯と呼ばれています。

無痛義歯治療の流れ

  1. step 1 診察・診断
    レントゲン写真の撮影。お口の中の診査を行い、患者さんに合った治療計画をたてます。
  2. step 2 型採り
    お口の中の状態に合った歯ぐきの型を採ります。
  3. step 3 噛み合わせ
    正しい高さと、左右の調和の取れた、噛み合わせを設定します。
  4. step 4 治療用の義歯の製作
    それぞれの患者さんに合わせた歯の色、形を決め、治療用義歯を製作します。

無痛義歯治療の第一段階

歯ぐきを治療します。ココがポイントです!

イメージ画像

治療用義歯は、歯ぐきにあたる義歯の裏側部分にやわらかい材料をつかいます。歯ぐきはやわらかく、傷つきやすいので、義歯があってないとすぐに歯ぐきに傷やへこみができてしまいます。その傷ついた歯ぐきをやわらかい材料を使って治し、強い歯ぐきに鍛えていきます。

噛み合わせを正常に戻します。

イメージ画像

治療用義歯は、下顎奥歯の部分が平らにできています。
正常な(左右にズレていない)噛み合わせを見つけるために、 まずは下顎が自由に動けるように平らな状態からスタートします。ここに普通の形の歯が並ぶと上の歯(上顎の治療用義歯の奥歯は普通の形の歯が並んでいます。) とロックされ、自由に下顎が動けないからです。

無痛義歯治療の第二段階

  • 治療用の義歯の装着。
  • 痛んだ粘膜を治療し、痛みをとり健康な歯ぐきに戻します。
  • 平らな歯についた噛み跡を分析し、正しい顎の位置を見つけていきます。
  • 「顎の筋力」や「噛み方」を回復させます。
  • お口の中の痛みの原因を取り除き、義歯を安定させます。

無痛義歯治療の第三段階

  • 前後左右にバランスのとれた噛み方になるように練習します。
  • 「唾液をゴックン」あるいは「飲み物をゆっくりゴックン」とする訓練を意識してやりましょう。
  • 「ゴックン」の動作が正しい顎の位置、正しい舌の位置を取り戻してくれます。
  • 強い力で「ギュッ」と噛みしめる訓練をします。顎の力を強化します。

無痛義歯治療の第四段階

「痛くない」患者さんの為の義歯が完成

使い込んできた治療用の義歯を基にして、さらにぴったり合う義歯を作ります。トレーニングによってあなたが見つけ出した「正しい噛み方」「正しい顎の位置」がすべて反映されるように新しい義歯に置き換えます。噛む面や歯ぐきにあたる面など、さらに念入りに微調整し、患者さんに合った歯の色、大きさを決めます。また、より長く使っていただくための取り扱いの説明もございます。