コーヌステレスコープ義歯

コーヌステレスコープ義歯とは、部分義歯の中のひとつです。支えとなる歯に一定の角度をつけた冠をかぶせ(内冠)、義歯の内側についている冠(外冠)と組み合わせたときに摩擦力によってお口の中に固定される義歯です。茶筒を想像してみてください。特に引っ掛かりがあるわけではないのにしっかりと蓋がされる原理と同じで、義歯をお口の中にしっかり固定することができます。外見的にも機能的にも大変優れた義歯です。

コーヌステレスコープ義歯のメリット

  • 義歯のバネが見えないため、審美的に優れています。
  • コーヌスになって固定した歯がだめになった場合でも、修理で対応ができるので、新しい義歯を作り直す必要がなく、結果的に義歯を長く使うことが可能となります。
  • コーヌスに使用した歯を強固に固定することができ、特に動揺している歯(歯周病に罹患(りかん)している歯)に対して有効なことで歯の寿命が長くなります。
  • コーヌスを入れた歯は筒状になるため、清掃性に優れています。
  • 通常義歯をお口の中に固定するときには、栓抜きに似たバネを使用し、取り外しのときにバネを掛けた歯に対しての負担が大きくなりますが、コーヌスの場合、2つの筒状のもので(一つは歯に、もう一つは義歯に取り付けられています)固定するので、取り外しのとき、負担が少なくなります。

イメージ画像