保険の義歯

保険の義歯

保険診療で作る義歯には材質やデザイン、構造に細かい制限があります。
基本的にはプラスチック樹脂を使用した義歯です。
総義歯の場合、材質は全てプラスチック樹脂でできており、強度を保持するためにどうしても厚みが出てしまいます。部分義歯も材質はプラスチック樹脂で、クラスプ(金属のバネ)で固定し装着します。
審美性やフィット感、食べ物の温度の伝わりやすさなど機能性では劣ります。

部分義歯 部分的に歯を失った状態

イメージ画像

部分義歯は、患者さんが取りはずして手入れができるようになっていますが、食事中に沈み込んだり浮き上がったり、会話中にはずれてしまっては困ります。そこで、義歯には残っている歯に引っかけるためのバネ(支台装置)が組み込まれています。
そのほか、歯の抜けた部分に対してその歯の代わりをする人工歯、歯の抜けた土手や歯ぐきを補うピンク色のプラスチックでできた義歯床(ぎししょう)、歯の抜けた部分が離れたところに2ヶ所以上ある場合に両方をつなぎ義歯を一体化する連結子などがあります。
これらにより、部分義歯は構成されています。

イメージ画像

保険内の義歯はコストが低く、経済的ですが、使う材料や方法に大きな制限があることや、患者さんに応じた理想的で満足のいく義歯作りはかなり難しいと言わざるを得ません。