技工物

詰め物

技工物写真

■ゴールドインレー

金と白金(プラチナ)の入った合金で、金色(ゴールド)となります。
保険適用の金属に比べて適合度が良く、境目から虫歯になりにくく劣化しにくいので長持ちします。天然の歯に近い硬さの為、咬み合う歯の咬耗を防げます。咬む力の強い奥歯にお勧めです。

技工物写真

■ハイブリッドインレー

歯の色に合わせた白い樹脂で作られています。
お口を開けた時に、よく見える所の詰め物にお勧めです。現在、金属の詰め物が入っている場合でも外して交換できます。

技工物写真

■セレックインレー

白色の硬いセラミックブロックを、コンピューターを使用した専用の機械で削り出して製作します。
広範囲の詰め物も作製可能です。天然の歯のような光沢があり変色せず、また硬いのですり減りません。金属が含まれませんので、金属アレルギーの心配もありません。

 
技工物写真

■e-maxインレー

二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした、セラミックで製作するインレーで、とても高い強度でありながら、天然の歯に近い摩耗性を持っている為、咬み合う歯にも優しい素材です。

 

被せ物(前歯)

技工物写真

■硬質レジン前装クラウン

ゴールドの合金に、表側の面のみ樹脂を貼って白くした被せ物です。咬む面、裏側は銀色になります。保険の材料より強化したプラスチックを使用している為、着色や変色少ないです。

技工物写真

■硬質レジン前装ゴールドクラウン

ゴールドとプラチナの合金に、表側の面のみ樹脂を貼って白くした被せ物です。咬む面、裏側は金色になります。天然の歯に近い硬さの為、咬み合う歯にも安心です。表面の樹脂は年数が経つと変色してきます。

技工物写真

■セラミック前装クラウン

ゴールドとプラチナの合金に、前半分の見える部分を、陶材(セラミック)で白く見えるようにしてあります。
経時的に色調の変化がなく、いつまでもきれいな艶、光沢を保ちます。ただ透明感は、内面に金属を使用する為、光の透過性はオールセラミックに劣ります。裏側は銀色の金属色となる為、上顎の歯にお勧めです。

 
技工物写真

■セラミック前装ゴールドクラウン

ゴールドとプラチナの合金を使用します。天然の歯に近い硬さの為、咬み合う歯にも安心です。

技工物写真

■フルベークセラミッククラウン

金属のフレームを全て陶材(セラミック)で覆っているので、天然の歯と変わらない審美性の高い被せ物です。
お口を開けた時に目立つ下顎の歯にお勧めです。ただ透明感は、金属を使用する為、オールセラミックに劣ります。

技工物写真

■オールセラミッククラウン(ジルコニア)

ジルコニアはキュービックジルコニア(人工ダイヤモンド)とも呼ばれ、人工関節に使われるほど、生体親和性の良い素材です。金属と同じ位の強度を持ちながら、金属アレルギーの心配がありません。金属を使用しない為、光の浸透性があり、審美性の高い被せ物です。

 
技工物写真

■オールセラミッククラウン(e-max)

二ケイ酸リチウムガラスを主成分にした、陶材(セラミック)で出来ているもので、とても透明感があり、きれいな色調再現が出来ます。
また、高強度でありながら、天然の歯に近い磨耗性を持っている為、咬み合う歯にも優しい素材です。

 

被せ物(奥歯)

技工物写真

■ゴールドクラウン

ゴールドとプラチナの合金で製作しています。天然の歯に近い硬さの為、顎に優しく、咬み合う歯にも安心です。力のかかる後方の奥歯にお勧めです。保険の合金に比べて適合が良く、隙間から虫歯になりにくく、劣化しにくいので長持ちします。

技工物写真

■硬質レジン前装クラウン

ゴールドの合金に、表側の面のみ樹脂を貼って白くした被せ物です。咬む面、裏側は銀色になります。樹脂の為、年数が経つと変色してくることがあります。天然の歯に比べ、透明感は劣ります。

技工物写真

■硬質レジン前装ゴールドクラウン

ゴールドとプラチナの合金に、表側の面のみ樹脂を貼って白くした被せ物です。咬む面、裏側は金色になります。天然の歯に近い硬さの為、咬み合う歯にも安心です。表面の樹脂は年数が経つと変色してくることがあります。

 
技工物写真

■セラミック前装クラウン

ゴールドとプラチナの合金に、前半分の見える部分を、陶材(セラミック)で白く見えるようにしてあります。経時的に色調の変化がなく、いつまでもきれいな艶、光沢を保ちます。ただ透明感は、内面に金属を使用する為、光の透過性はオールセラミックに劣ります。裏側は銀色の金属色となる為、上顎の歯にお勧めです。

技工物写真

■セラミック前装ゴールドクラウン

ゴールドとプラチナの合金を使用します。天然の歯に近い硬さの為、咬み合う歯にも安心です。ゴールド色の為、セラミック前装クラウンより明るくみえます。

技工物写真

■フルベークセラミッククラウン

金属のフレームを全て陶材(セラミック)で覆い、白く見えるようにしているので、天然の歯と変わらない審美性の高い被せ物です。お口を開けた時に目立つ下顎の歯にお勧めです。ただ透明感は、金属を使用する為、オールセラミックに劣ります。

 
技工物写真

■オールセラミッククラウン(ジルコニア)

ジルコニアはキュービックジルコニア(人工ダイヤモンド)とも呼ばれ、人工関節に使われるほど、生体親和性の良い素材です。金属と同じ位の強度を持ちながら、金属アレルギーの心配がありません。金属を使用しない為、光の浸透性があり、審美性の高い被せ物です。

技工物写真

■オールセラミッククラウン(e-max)

二ケイ酸リチウムガラスを主成分にした、陶材(セラミック)で出来ているもので、とても透明感があり、きれいな色調再現が出来ます。
また、高強度でありながら、天然の歯に近い磨耗性を持っている為、咬み合う歯にも優しい素材です。

 

歯の土台(コア)

技工物写真

■銀合金コア

保険が適用されます。長い間使用し続けると銀イオンが溶け出して歯ぐきが黒ずんでしまう場合があります。特に前歯など、笑った時に見える部分でのご使用はお勧めいたしません。
また金属アレルギーの心配があり、弾力性にも欠ける為、歯や歯の周辺組織に負担をかけてしまい、歯や歯の根が割れてしまう場合があります。

技工物写真

■パラジウム合金コア

ほとんどの症例で使用可能です。銀合金で作られた物に比べると、金属イオンが溶け出しにくく、歯ぐきの黒ずみは少なくなります。
しかし、硬い為に歯や歯の根が割れてしまう場合があります。

技工物写真

■ファイバーコア

専用プラスチック(硬質レジン)とグラスファイバー(ガラス繊維強化樹脂)を調合して製作されています。しなる性質があり歯が割れる可能性が低くなります。また金属を使用していないので、時間が経っても歯ぐきへの着色がなく、金属アレルギーの心配もありません。色が歯に似ているので、オールセラミック冠をかぶせて、中の土台が透けた場合でも、見た目が悪くなりません。

 

総義歯

技工物写真

■レジン(プラスチック)床義歯

保険適用の義歯は、使う材料や製作方法に大きな制限があることで、患者さんに応じた理想的で満足のいく義歯作りは、難しいのが現状となっています。

技工物写真

■コバルトクロム床義歯

コバルトクロム合金は、強度と柔軟性を併せ持ち、さびにくく生体への親和性が高いという特徴から、金属床の材料として現在でも広く利用されているスタンダードな金属です。
チタンに比べると生体親和性はやや低く、重さが2倍です。

技工物写真

■チタン床義歯

チタンはコバルトクロム合金の約半分の重さの金属です。製造上での適合精度が高いので、フィット感が有ります。
チタン最大の特徴は生体親和性の高さ。インプラントの人工歯根や体内に埋め込むボルトなどでも使われている体に優しい金属です。金属アレルギーの心配がなく、腐食にも強い金属で、優れた生体親和性を持ち、軽さと強度を併せ持っています。

 
技工物写真

■ゴールド床義歯

昔から体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。
仕上がりの美しさはもとより、製造上での適合精度が高いので、ピッタリ合いやすくお口の中では心地よい装着感です。いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。

 

部分義歯

技工物写真

■レジン(プラスチック)床義歯

保険適用の義歯は、使う材料や製作方法に大きな制限があることで、患者さんに応じた理想的で満足のいく義歯作りは、難しいのが現状となっています。

技工物写真

■コバルトクロム床義歯

コバルトクロム合金は、強度と柔軟性を併せ持ち、さびにくく生体への親和性が高いという特徴から、金属床の材料として現在でも広く利用されているスタンダードな金属です。
チタンに比べると生体親和性はやや低く、重さは2倍です。

技工物写真

■チタン床義歯

チタンはコバルトクロム合金の約半分の重さの金属です。製造上での適合精度が高いので、フィット感が有ります。
チタン最大の特徴は生体親和性の高さ。インプラントの人工歯根や体内に埋め込むボルトなどでも使われている体に優しい金属です。金属アレルギーの心配がなく、腐食にも強い金属で、優れた生体親和性を持ち、軽さと強度を併せ持っています。

 
技工物写真

■白金加金床義歯

昔から体に安全とされる金やプラチナを主材料とした合金です。
仕上がりの美しさはもとより、製造上での適合精度が高いので、ピッタリ合いやすくお口の中では心地よい装着感です。いろいろな食べ物の味もそのまま美味しくいただけます。
修理や増歯・改床(歯の欠損による義歯の追加加工)にも柔軟に対応できます。

技工物写真

■アタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは、金具を歯と一体型にした精密義歯のことです。一体化することで、プラスチックの義歯よりも小型にすることができます。また、歯にしっかりと固定できるので、簡単には外れません。審美的にも綺麗な義歯になります。

 

その他の義歯

技工物写真

■コーヌステレスコープ義歯

コーヌステレスコープ義歯とは、部分義歯の中のひとつです。支えとなる歯に一定の角度をつけた冠をかぶせ(内冠)、義歯の内側についている冠(外冠)と組み合わせたときに摩擦力によってお口の中に固定される義歯です。茶筒を想像してみてください。特に引っ掛かりがあるわけではないのにしっかりと蓋がされる原理と同じで、義歯をお口の中にしっかり固定することができます。外見的にも機能的にも大変優れた義歯です。

 
技工物写真

■マグネット式義歯

虫歯が進行してしまい根っこだけになってしまった歯根に対し、支えとなる金属(キーパー)を入れ、義歯側に小さいマグネット(磁石)をセットした義歯です。強力な磁力によりガタつかない密着した義歯ができます。また、装着・取り外しも簡単で、お手入れもしやすくなっています。磁力の強さを調節できるので、部分義歯だけでなく、総義歯にも適用する事ができます。

 

インプラント

技工物写真

■厳選したインプラント材料

長期にわたり臨床成績、データに裏打ちされた材料を使用します。世界的に信頼性の高いインプラントを使用する為、術後も長期的な管理体制をとる事ができます。
『使用インプラント:ストローマンインプラント(スイス) GCインプラント(日本) 』

赤羽歯科インプラントセンターはこちら