理事長のあいさつ

人権尊重が医療の出発点 「歯友会」のめざすもの

理事長 峯 勉
医療法人社団
理事長
峯 勉

歯友会は、2015年で創立65周年を迎えました。今現在、赤羽歯科は8ヶ所の医院、赤羽にあるインプラントセンター、技工所、統括本部、川口のフレンド・デンタル・オフィスで運営しております。
( ユニット128台、歯科医師59名、歯科技工士55名、歯科衛生士111名、受付事務、統括本部を併せて総勢351名)
歯友会としての社会に対しての使命とはなにか?それは当然、患者さんに対して病気を治す、病気にさせない(予防)の2点につきると思います。
それには、昨今いわれています、

1.SKILL(技術)
2.KNOWLEDGE(知識)
3.ATTITUDE(患者さんに対する態度)

以上の3つの事が1つでも欠けたら駄目だと思います。当然、EBM(エビデンス・ベースド・メディスン)に則った治療でなければなりません。
しかも、種々様々な患者さんに最適の治療法が選択されなければなりません。それぞれの患者さんの個別性を重視した治療を行っていきたいと思います。
また、病気を治すのも予防するのも歯科医師だけでは出来ません。歯科医師、歯科衛生士、受付事務、歯科技工士、歯科助手等、全員が一体となって患者さんの為に、自分の能力を全て出し切って応対することが大切です。そこからCS(顧客満足)が生まれてくると思います。
患者さんの満足が達成されるためにはスタッフの満足もなければ駄目です。100%完全無欠な組織はありませんが、そのことを目指して頑張っていきたいと思います。